ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

ざっぷ&やっぷ

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【国内旅行】 石屋製菓 白い恋人 入手できずー


こんにちは、やっぷです。

賞味期限改ざんなどの不正で販売を中止していた北海道の土産菓子「白い恋人」が
今回の北海道滞在中に販売再開されました。

白い恋人 販売再開
白い恋人 販売再開 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

新聞には全面広告、テレビも販売再開のニュースで持ちきりでした。
管理体制だけでなく、味も改善されたというし、
なにより話題性があってネタになるしぃ~ということでお土産は白い恋人に決めていました。

白い恋人 完売
白い恋人 完売 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

がっ!!
みんな考えることは一緒なのでしょうね。
お土産品店も空港売店も、行くところ行くところ「完売」のお知らせが出ていて、
せっかくのネタは入手できませんでした。。

自分用お土産に決めていた北菓楼のシュークリームも完売だったし、無念。。

 


石屋製菓 白い恋人 36枚入り

 

【国内旅行】 北海道 小樽散策


こんにちは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群については、書き尽くしたので
   (小樽旅亭 蔵群 お部屋のこと)    (小樽旅亭 蔵群 アメニティのこと
   (小樽旅亭 蔵群 夕食のこと)      (小樽旅亭 蔵群 朝食のこと
   (小樽旅亭 蔵群 夕食のこと その2) (小樽旅亭 蔵群 朝食のこと その2
小樽散策について書きます。

小樽運河 浅草橋街園から
小樽運河 浅草橋街園から posted by (C)ざっぷ&やっぷ

小樽といえば、やっぱりこの風景、浅草橋街園から臨む小樽運河ですね。
雪に覆われた小樽運河というのも風情があっていいものです。

小樽運河 中央橋から
小樽運河 中央橋から posted by (C)ざっぷ&やっぷ

今度は、反対側、中央橋から臨む小樽運河です。こちらも画になりますねー。
この時期の小樽は、もちろん寒く、 道路も凍っていたり、雪解けの水たまりがあったりと、
かなり歩きづらいものですが、「おたる散策バス」を上手く利用すると、楽に回れます。

小樽市街
小樽市街 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

雪~!は、真っ白できれいですけど、溶けたところはやっぱり・・・ですね。
んにしても、地元の方々はさすがです。
私なんかは、恐る恐るペンギン歩きで前に進むのがやっとなのに、
地元の方たちは、まるでそこに雪なんかないかのように颯爽と歩きます。

車の運転も普通にスムーズ。
でも、車が横を通るときは「まだ雪用のタイヤにしておらず、歩行者に突っ込む」なんて
ニュースを思い出したりして、妙に身構えたりしてしまいます。
身構えたところで、実際車が突っ込んできたら立ち往生するしかできないんでしょうけどー。 

小樽 旧手宮線跡
小樽 旧手宮線跡 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

旧手宮線跡です。
雪がない時は、脇に緑や散策路があって映えるのですが、
半分雪に埋もれてしまっていますね。 

小樽駅 ホームのランプ
小樽駅 ホームのランプ posted by (C)ざっぷ&やっぷ

散策を終えて、小樽駅にやってきました。
駅構内は、多くのガラスのランプが輝いていて、これまた風情あるなぁと思ったのですが、
このような「ランプの駅」になったのは、98年、割と最近のことだそうです。 

小樽駅 雪の線路
小樽駅 雪の線路 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

雪の線路もまた画になります。
東京だとこのぐらい積もればかなり電車は遅れるんだろうなぁ。 

小樽駅 4番ホーム
小樽駅 4番ホーム posted by (C)ざっぷ&やっぷ

小樽駅4番ホームです。
ホームでは、石原裕次郎さんの曲が流れています。
そして向こうに見えるは、、 

小樽駅 石原裕次郎パネル
小樽駅 石原裕次郎パネル posted by (C)ざっぷ&やっぷ

石原裕次郎さん(の等身大パネル)ですー。 ゆうたろうじゃないよ。
記念撮影スポットだそうなので、一応撮っときました。


小樽運河殺人事件

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 朝食のこと その2


こんにちは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群での朝食について その2です。

小樽旅亭 蔵群 食事専用個室
小樽旅亭 蔵群 食事専用個室 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

この朝食時は、テーブル席の部屋へ案内されました。
ちょっとアジアンテイストな家具です。

前回同様、海苔を炙るための七輪、
海苔用と刺身用とで、お醤油が2つ用意されています。

小樽旅亭 蔵群 朝食
小樽旅亭 蔵群 朝食 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

新鮮な牛乳を始め、御飯に合うおかずが並んだお重、温かい豆腐と味噌汁、サラダ、
そして今日も主役の釜焚き御飯、きらら397が運ばれてきました。
私には「北海道はお米が美味しい」というイメージが全くなかったので、
ここでいただいた美味しい御飯は、いい意味での意外な点でした。

いつもなら「○○は、前回行ったから、次回は別の場所」と、
新しいところへ新しいところへと旅行先を求める私たちですが、
ここ小樽旅亭 蔵群は、「また、ぜひ来たいな。」と思わせるお宿でした。

 


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

 

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 夕食のこと その2


こんばんは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群での夕食について その2です。

小樽旅亭 蔵群 食前酒&付き出し
小樽旅亭 蔵群 食前酒&付き出し posted by (C)ざっぷ&やっぷ

食前酒は、「葡萄酒」、付き出しは、「葉山葵醤油漬け」です。
「葡萄酒」は、ワインではありません。葡萄ジュース?と思うぐらい甘い物でした。

小樽旅亭 蔵群 陶板焼き(1)
小樽旅亭 蔵群 陶板焼き(1) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

陶板焼きには、「鱈場蟹」「舞茸」「長葱」「ピーマン」が用意されています。
このぶっとい、ぷりんぷりんの鱈場蟹、見ているだけで興奮です!

小樽旅亭 蔵群 陶板焼き(2)
小樽旅亭 蔵群 陶板焼き(2) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

美味しくレアに焼き上がりました。
でも、用意されていたのは、昨日と同じ岩塩でした。
海塩の方がよかったかなぁと思ってみたり。。

舞茸は、バターたっぷりと黒こしょうでじっくり焼きました。

小樽旅亭 蔵群 蒸物
小樽旅亭 蔵群 蒸物 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

蒸物は、「蝦蛄 礒蒸し 柚子銀餡」です。だから、蝦蛄が不気味なんだってば。。

小樽旅亭 蔵群 揚物&口変り
小樽旅亭 蔵群 揚物&口変り posted by (C)ざっぷ&やっぷ

揚物は「天麩羅」、口変りは「帆立 わかめ 土佐酢」です。
天麩羅は、海老、吉次、椎茸、茄子、南瓜です。
どれもさっくり揚がっていて、特に吉次は脂がのっていて絶品でした。

小樽旅亭 蔵群 強肴
小樽旅亭 蔵群 強肴 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

強肴は、「秋刀魚山椒煮」です。その名前ほど山椒の香りは強くなかったです。
ここらで私はお腹いっぱいでしたが、まだ飯物が待っているんですよね。。

小樽旅亭 蔵群 飯物&止椀
小樽旅亭 蔵群 飯物&止椀 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

飯物は「握り寿司」、止椀は「蛤の清まし汁」です。
握り寿司は、中トロ、いくら、平目、牡丹海老、ズワイ蟹です。
小樽といえばお寿司!ですからね。お腹いっぱい~と言いつつ、完食しました。

小樽旅亭 蔵群 水菓子
小樽旅亭 蔵群 水菓子 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

水菓子は、「柿ムース」です。
ムースというよりは、スポンジケーキみたいでしたが、美味しくいただきました。

この日もまた大満足のゆったり夕食でした。


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

 

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 朝食のこと


こんにちは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群滞在記は、まだまだ続きます。
今回は、蔵群での朝食について書きます。

小樽旅亭 蔵群 食事専用個室
小樽旅亭 蔵群 食事専用個室 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

夕食の時とは違う部屋に案内されましたが、今回も掘りごたつでした。 

小樽旅亭 蔵群 釜焚き御飯
小樽旅亭 蔵群 釜焚き御飯 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

釜焚きの御飯、北海道産のきらら397が出てきました。
こちらの朝食は、御飯が主役なんだそうです。

小樽旅亭 蔵群 朝食(1)
小樽旅亭 蔵群 朝食(1) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

御飯に合うおかずが、たーくさん並んでいます。
押し花のランチョンマットがお洒落です。
箸袋がまたかわいいです。
この箸袋とお箸は、持ち帰っていいとのことなので、ちゃっかりいただいちゃいました。 

小樽旅亭 蔵群 朝食(2)
小樽旅亭 蔵群 朝食(2) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

新鮮な北海道産の牛乳も用意されていました。
飲み物は、オレンジジュースを注文したのですが、
個人的にはジュースには、氷を入れないで欲しいなぁ。

海苔を炙るための七輪があり、
海苔用と刺身用とで、お醤油が2つ用意されていました。
こういう気配りは、うれしいですね。 

 


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

 

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 夕食のこと


こんばんは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群について、書きつづっています。
   (北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 アメニティのこと
   (北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 お部屋のこと
今回は、蔵群での夕食について書きます。

小樽旅亭 蔵群 食事専用個室
小樽旅亭 蔵群 食事専用個室 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

 ここは部屋食ではなく、食事専用の個室でいただきます。
18時または19時で予約し、時間になると係の方が部屋まで迎えに着てくださいます。
私たちは、掘りごたつの部屋へ案内されました。
ほかには、テーブル席と、座椅子の部屋があるようです。
やっぱり雪見窓のような窓があり、庭を眺めることができます。

小樽旅亭 蔵群 先付&前菜
小樽旅亭 蔵群 先付&前菜 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

部屋にはいると、食前酒、先付、前菜までが用意されていました。
食前酒は、甘ぁい「林檎酒」 で、
先付は、「つぶと茸のにんにく風味」、
前菜は、「スモークサーモンとチーズ山葵風味」「雲丹帆立伸し」「蓮根きんぴら」
「杏蜜煮」「鰊切り込み」です。
押し花の箸袋がまたお洒落ですね。

小樽旅亭 蔵群 刺身
小樽旅亭 蔵群 刺身 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

お刺身は、「中トロと蝦蛄」です。
しその葉の陰から顔を覗かせる蝦蛄ってちょっと不気味ですね。 

小樽旅亭 蔵群 蒸物
小樽旅亭 蔵群 蒸物 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

蒸し物は、「牡蠣 礒蒸し 柚子銀餡」です。 
写真では、単なる茶碗蒸し風に見えますが、海苔がたくさん使われていて美味しかったです。

小樽旅亭 蔵群 焼物&お凌ぎ
小樽旅亭 蔵群 焼物&お凌ぎ posted by (C)ざっぷ&やっぷ

焼物は、「北海道産 和牛ロース」「大統領椎茸」「長葱」です。
右側がお凌ぎで「湯葉 カラスミ大根」です。
カラスミって単独でしか食べたことなく、あまり好きじゃなかったのですが、
こういう風に合わせて食べるといいアクセントになるんですね。 

小樽旅亭 蔵群 焼物(2)
小樽旅亭 蔵群 焼物(2) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

焼物は、この石型陶板で焼きます。
岩塩と黒粒こしょうが用意されています。
岩塩用におろし金が用意されていましたが、
削るのがちょっと大変だったのと、削った結果が粉末状だったので
粗挽きが好きな私は、ソルトミルの方がよかったなーと思います。

小樽旅亭 蔵群 進肴&口変り
小樽旅亭 蔵群 進肴&口変り posted by (C)ざっぷ&やっぷ

手前が、進肴の「鱈場蟹 蕪 射込み蒸し」で、奥が口変りの「柿 山かけ土佐酢」です。
柿ってこういう食べ方もあるんですね。かなり意外でしたが、美味しかったです。
単純な私は、柿=果物=デザートとしか考えられませんでした。

小樽旅亭 蔵群 小鍋
小樽旅亭 蔵群 小鍋 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

小鍋には、「鮟鱇 白味噌仕立て」がでました。
弾力のある鮟鱇の身とあん肝がうまーーい。

小樽旅亭 蔵群 鉢盛り&御飯&止椀&香物
小樽旅亭 蔵群 鉢盛り&御飯&止椀&香物 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

鉢盛りは、「黒豚ヒレ肉 治部煮」、止椀は、「浅利の清まし汁」です。
この時点で、とっくにお腹いっぱいも通り過ぎていましたが、
御飯の一粒まで美味しくて、完食してしまいました。

小樽旅亭 蔵群 水菓子
小樽旅亭 蔵群 水菓子 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

水菓子には、「苺とレモンのシャーベット」がでました。
温かい烏龍茶と一緒にいただきました。
甘党!の私には、ちょっと酸味が強かったですが、
さっぱりと美味しくやっぱり完食しちゃいました。

ゆっくり2時間かけての夕食、普段はなかなかできないですよね。
大大大満足でした。 


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

 

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 アメニティのこと


こんにちは、やっぷです。

先ほど、小樽旅亭 蔵群のお部屋について書いたので、
今回は館内施設やアメニティグッズについて書きます。

小樽旅亭 藏群 ウェルカムティー
小樽旅亭 藏群 ウェルカムティー posted by (C)ざっぷ&やっぷ

これは、アメニティとは言わないのかな。。
ま、いいや。チェックインの際、ロビーでおしぼりと抹茶、茶菓子をいただきました。
送迎サービスがあるとはいえ、やっぱり外は寒いので温かいおしぼりはありがたいです~。

小樽旅亭 藏群 ミニバー
小樽旅亭 藏群 ミニバー posted by (C)ざっぷ&やっぷ

ミニバーのミネラルウォーターとビールです。
ミネラルウォーターも北海道の物、
ビールはサッポロビールですが、これにも「北海道限定」という文字が見えます。 
これだけでも地の物にこだわっている感じがしますね。

小樽旅亭 藏群 アメニティグッズ
小樽旅亭 藏群 アメニティグッズ posted by (C)ざっぷ&やっぷ

室内や館内で着て過ごせる作務衣とソックス足袋のほかに、
ガーゼ地の寝間着と内側にビニールが張った巾着袋が用意されていました。
どれも着心地がよく、ゆったりくつろぐことができました。

館内の施設を利用するのに、いちいち着替えたり、靴履いたりする必要がなく
作務衣と下駄で移動できるのはいいですね。

小樽旅亭 藏群 カフェ&バー「クラルテ」 バーカウンター
小樽旅亭 藏群 カフェ&バー「クラルテ」 バーカウンター posted by (C)ざっぷ&やっぷ

カフェ&バー「クラルテ」のバーカウンターです。
う、う、写真がへたくそですが、きれいな瓶が並んでいて、
カウンターにもお洒落な椅子が並んでいるんですよぅ。

小樽旅亭 藏群 カフェ&バー「クラルテ」
小樽旅亭 藏群 カフェ&バー「クラルテ」 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

バーカウンターの奥にあるラウンジです。
この椅子がまたものすごく座り心地がいいです。あぐらをかいて完全にくつろいじゃいました。
館内ほとんどの窓が、このように低めに設定されています。
雪見窓のイメージなのでしょうか。景色はゆっくり座って楽しめということでしょうか。

あ、そうそう、この宿は飲食代がすべて宿泊代金の中に含まれているという
オールインクルーシブシステムをとっていまして、
客室のミニバーも、このカフェ&バーでの飲食代も、食事時の飲み物代も
すべて宿泊代金に含まれているんです。

私なりに表現すると「飲みホ状態♪」
それ、飲み尽くしてしまえぇ~!なんてやってませんよ。

小樽旅亭 藏群 ライブラリー「坤滴湖」
小樽旅亭 藏群 ライブラリー「坤滴湖」 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

こちらは、ライブラリー「坤滴湖(こんてきこ)」です。
文学書からマンガや絵本、雑誌、レコードがたくさん並んでいます。
部屋に持って行くこともできます。
なぜか初代マッキントッシュが棚にあるのがすてきです。

蔵群滞在記は、まだまだ続きます~。


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

【国内旅行】 北海道 朝里川温泉 小樽旅亭 蔵群 お部屋のこと


こんにちは、やっぷです。

北海道の朝里川温泉に来ています。
いつもの私たちの旅行は、あちこち観光して、食べ歩いて、という感じなので、
あまり宿にお金をかけないのですが、
今回は、温泉につかってのんびり過ごそう!というのが目的なので、
宿代に奮発することにしました。

小樽旅亭 藏群 外観
小樽旅亭 藏群 外観 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

選んだのは、小樽旅亭 蔵群です。
ここは、見ての通り蔵をイメージした建物の旅館で、
利用客のプライバシーとくつろぎを重視した温泉宿です。

小樽旅亭 藏群 廊下
小樽旅亭 藏群 廊下 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

客室へと続く廊下です。
写真が暗くて牢獄のようになってしまいました。。
でも、現代社会の喧噪から遮断されたこの静けさは伝わりますでしょうか。

小樽旅亭 藏群 居間(1)
小樽旅亭 藏群 居間(1) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

居間です。
静寂とぬくもりが共存しています。

小樽旅亭 藏群 居間(2)
小樽旅亭 藏群 居間(2) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

全体に和風テイストですが、所々にこういう上品でモダンな調度品があります。
また、このロッキングチェアの座り心地がいいんだ!

小樽旅亭 藏群 居間(3)
小樽旅亭 藏群 居間(3) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

テレビ、冷蔵庫、電話などのいわゆる「家電」は、この中に収納されていました。
これも現代社会から遮断するための気配りでしょうか。

希望すれば、部屋に案内された時点でテレビを設置してくれます。
また、DVDプレーヤーの貸し出しもあります。
私たちは、事前にメールで問い合わせてあったので、
部屋に入ったときにはすでにDVDプレーヤーが用意されていました。

はい、「宿でのんびり」と言っても、静寂だけを楽しむほど大人じゃありません。
言うまでもなく、DVD三昧でしたー。

小樽旅亭 藏群 寝室
小樽旅亭 藏群 寝室 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

寝室です。
とても寝心地のいーい、ベッドでした。
加湿器が用意されているのも乾燥するこの季節にはうれしい心配りです。

小樽旅亭 藏群 和室
小樽旅亭 藏群 和室 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

和室です。
畳でごろ寝をしたのって何年ぶりかなぁ。やっぱり畳の感触は気持ちいいですね。
作家さんとかなら、この部屋で筆が進むんだろうなぁ。

小樽旅亭 藏群 風呂
小樽旅亭 藏群 風呂 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

部屋風呂です。もちろん源泉が引いてあります。
石造りですが、床暖房が入っていて冷たくありませんでした。
窓を全開すると露天風呂を楽しめます。
目隠しはついていますが、雪景色を楽しむことができました。

ちょっと残念なのが、浴室のお湯がガラス戸の隙間から脱衣所に出てしまうこと。
気になってしまって、豪快にジャバジャバ浴びることはできませんでした。
まぁ、上品に浴びなさいってことですかね。。

小樽旅亭 藏群 眺望(1)
小樽旅亭 藏群 眺望(1) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

部屋からの眺望です。
朝里川を見下ろすことができます。
川のせせらぎは、ちょっと聞こえませんでしたが、
鳥のさえずりは窓を開けなくても聞こえました。

小樽旅亭 藏群 眺望(2)
小樽旅亭 藏群 眺望(2) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

立派な松の木も見えました。
奥にビニールシートが見えるのがちょいと残念。なにか理由があってのことでしょう。

小樽旅亭 藏群 眺望(3)
小樽旅亭 藏群 眺望(3) posted by (C)ざっぷ&やっぷ

和室の小窓から、中庭を見下ろした眺めです。
バーカウンターが怪しげに光っています。
なにより、見慣れない氷柱に興奮してしまった私でした。

小樽旅亭 蔵群 朝里川からの外観
小樽旅亭 蔵群 朝里川からの外観 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

こちらは、宿の裏側、朝里川から見た蔵群の外観です。
「白銀の世界」という感じですよねー。

たくさん書きたいので、アメニティや食事については、別途記事にします。


地域ブランド戦略のデザイン


小樽旅亭 藏群

【国内旅行】 新潟 「田でん(でんでん)」で夕食の一杯

こんばんは、ざっぷです。

今日は、新潟滞在です。
ということで、新潟で夕食です。
どこか、いい店ないかと物色していたところ、
なんか気になる店を新潟駅近くでみつけました。
「田でん」です。

新潟 田でん
新潟 田でん posted by (C)ざっぷ&やっぷ

とりあえず、まず一杯ということで、
おすすめらしい鶴齢の純米超辛口無ろ過原酒を頼みました。

新潟 田でん お通しと純米超辛口無ろ過原酒鶴齢
新潟 田でん お通しと純米超辛口無ろ過原酒鶴齢 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

純米超辛口無ろ過原酒 鶴齢は、
日本酒としては珍しくアルコール度数18.5度と高めな度数です。
店員さんが「ロックにしますか?」と聞かれましたが、
やはり日本酒は、ストレートかなと思い、普通に冷やをお願いしました。
ちょっと強めだけど、辛口でざっぷは好きですね。

料理は、新潟ということで銀鮭の西京漬け焼きをお願いしました。
やっぱり日本酒とあいますね。

新潟 田でん 銀鮭の西京漬け焼き
新潟 田でん 銀鮭の西京漬け焼き posted by (C)ざっぷ&やっぷ

その他のお料理として、
店員さんにおすすめをお聞きしたところ、
手作りメンチカツがおすすめということなので注文してみました。

新潟 田でん 手作りメンチカツ
新潟 田でん 手作りメンチカツ posted by (C)ざっぷ&やっぷ

揚げたてあつあつのメンチカツを半分に割ってみました。
ジューシーで美味しかったです。
さすが、店員さんおすすめのメニューです。

新潟 田でん 手作りメンチカツ断面
新潟 田でん 手作りメンチカツ断面 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

そして、締めの料理は、新潟の郷土料理 のっぺ汁。

新潟 田でん のっぺ汁
新潟 田でん のっぺ汁 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

冷たい汁物で、野菜がたっぷり入っている料理でした。
出汁がきいて、里芋のとろみがあり、ちょー美味しかったです。

お酒もいろいろ揃っていて、郷土料理もあり、
楽しい一時でした。

 

新潟県新潟市中央区弁天1-4-29 IMAビルB1F

 

注文した日本酒は、鶴齢のほかに、
根知男山も呑みました。
コクや甘みが美味しかったです。


根知 男山 本醸造 1.8リットル


鶴齢 純米吟醸 山田錦100%使用 50%精米 無濾過生原酒 1.8L

 

【国内旅行】 宇都宮 みんみんの餃子で夕食

こんばんは、ざっぷです。

今日は、宇都宮に来ています。
宇都宮といえば、餃子。
ということで、宇都宮駅のパセオにあるみんみんさんで夕食です。

頼んだメニューはライスと焼き餃子2人前。

宇都宮 みんみん餃子
宇都宮 みんみん餃子 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

みんみんの焼き餃子は、表面はカリッとして、中はジューシ。
もちろん完食しました。
ビールと一緒に食べたかったのですが、
諸事情で断念。無念です。

宇都宮の餃子で人気で一二を争う正嗣の餃子もおいしいんですよね。


まさしのぎょうざ生餃子(90ケ入)


【送料無料】宇都宮餃子の食べくらべ3品セット


餃子と言えば宇都宮!宇都宮名物 こだわりのうつのみや餃子

 

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。