ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

ざっぷ&やっぷ

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【国内旅行】 北海道 小樽散策


こんにちは、やっぷです。

小樽旅亭 蔵群については、書き尽くしたので
   (小樽旅亭 蔵群 お部屋のこと)    (小樽旅亭 蔵群 アメニティのこと
   (小樽旅亭 蔵群 夕食のこと)      (小樽旅亭 蔵群 朝食のこと
   (小樽旅亭 蔵群 夕食のこと その2) (小樽旅亭 蔵群 朝食のこと その2
小樽散策について書きます。

小樽運河 浅草橋街園から
小樽運河 浅草橋街園から posted by (C)ざっぷ&やっぷ

小樽といえば、やっぱりこの風景、浅草橋街園から臨む小樽運河ですね。
雪に覆われた小樽運河というのも風情があっていいものです。

小樽運河 中央橋から
小樽運河 中央橋から posted by (C)ざっぷ&やっぷ

今度は、反対側、中央橋から臨む小樽運河です。こちらも画になりますねー。
この時期の小樽は、もちろん寒く、 道路も凍っていたり、雪解けの水たまりがあったりと、
かなり歩きづらいものですが、「おたる散策バス」を上手く利用すると、楽に回れます。

小樽市街
小樽市街 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

雪~!は、真っ白できれいですけど、溶けたところはやっぱり・・・ですね。
んにしても、地元の方々はさすがです。
私なんかは、恐る恐るペンギン歩きで前に進むのがやっとなのに、
地元の方たちは、まるでそこに雪なんかないかのように颯爽と歩きます。

車の運転も普通にスムーズ。
でも、車が横を通るときは「まだ雪用のタイヤにしておらず、歩行者に突っ込む」なんて
ニュースを思い出したりして、妙に身構えたりしてしまいます。
身構えたところで、実際車が突っ込んできたら立ち往生するしかできないんでしょうけどー。 

小樽 旧手宮線跡
小樽 旧手宮線跡 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

旧手宮線跡です。
雪がない時は、脇に緑や散策路があって映えるのですが、
半分雪に埋もれてしまっていますね。 

小樽駅 ホームのランプ
小樽駅 ホームのランプ posted by (C)ざっぷ&やっぷ

散策を終えて、小樽駅にやってきました。
駅構内は、多くのガラスのランプが輝いていて、これまた風情あるなぁと思ったのですが、
このような「ランプの駅」になったのは、98年、割と最近のことだそうです。 

小樽駅 雪の線路
小樽駅 雪の線路 posted by (C)ざっぷ&やっぷ

雪の線路もまた画になります。
東京だとこのぐらい積もればかなり電車は遅れるんだろうなぁ。 

小樽駅 4番ホーム
小樽駅 4番ホーム posted by (C)ざっぷ&やっぷ

小樽駅4番ホームです。
ホームでは、石原裕次郎さんの曲が流れています。
そして向こうに見えるは、、 

小樽駅 石原裕次郎パネル
小樽駅 石原裕次郎パネル posted by (C)ざっぷ&やっぷ

石原裕次郎さん(の等身大パネル)ですー。 ゆうたろうじゃないよ。
記念撮影スポットだそうなので、一応撮っときました。


小樽運河殺人事件











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。