ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

ざっぷ&やっぷ

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【海外旅行】 ドイツ ケルン観光 大聖堂はやっぱりスゴイ迫力

こんにちは、ざっぷです。

今日は、ケルン観光の予定です。
とりあえず、ケルンに向けて出発します。

フランクフルトからケルンはちょっと距離があるため、
ICEでの移動です。
でも、ジャーマンレイルパスを購入しているので、
どんなに移動してもお金はかかりません。

乗り込むICEで座席を探している際に、こんな車両を発見しました。

食堂車
食堂車 posted from フォト蔵

Bistroとかかれています。どうやら食堂車のようです。
日本では見かけなくなりましたが、ドイツでは健在なんですね。
でも、食堂車って旅の雰囲気を満喫できるんですよね。

さて、ケルンに到着しました。
ケルン中央駅の風景です。

ガラスにケルンの象徴であるコロンの元祖になる4711の文字が見えます。

ケルン中央駅
ケルン中央駅 posted from フォト蔵

ケルン中央駅をでると目の前に、大聖堂が現れます。
正直言って、スゲェ・・・の声しかでませんでした。

ケルン 大聖堂
ケルン 大聖堂 posted from フォト蔵

ケルンの大聖堂はドイツを代表する聖堂で、
2つの尖塔の高さはなんと157mもあるそうです。
残念ながら、今回は補修工事中でした。
ケルン大聖堂は1248年着工で完成したのが1880年。
つまり、700年以上経った部分もあるんです。
さらに、第二次世界大戦で空爆もうけながら、
奇跡的に残った建物でもあります。
そりゃ、修復も必要となります。

ケルン 大聖堂 見上げた
ケルン 大聖堂 見上げた posted from フォト蔵

近くによって見上げてみました。
さらに巨大な建造物であることを実感します。

ケルン 大聖堂 扉
ケルン 大聖堂 扉 posted from フォト蔵

ケルン大聖堂正面のポルタイユです。
精巧な彫刻がすごいの一言です。

ケルン大聖堂の広場でみかけました。

大道芸人
大道芸人 posted from フォト蔵

ガーゴイル?の彫像

では、ありません。大道芸人でした。
結構、本物っぽいですよね。
レベル高いですよね。

ま、とにかく、ケルンに来たら大聖堂。
これは、間違いないですね。
駅前なので、否が応でも見ることにはなりますけど。 

 

ケルン大聖堂、大好きです。
実際の迫力がよくでている、素敵な写真ですね!
あな | 2006/10/18(水) 17:39:59 | [編集]
あなさん、コメントありがとうございます。
本当にケルン大聖堂迫力ありますよね。
なんか、感動しました。
ざっぷ | 2006/10/19(木) 12:04:48 | [編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
ドイツ国鉄ケルン駅と大聖堂の組み合わせを簡単に撮影できるのが駅のホーム。ただ、
2006/10/16(月) 23:47:42 | デジカメで鉄道日記
続きまして、ドイツです。ケルン駅の本当に目前に、どんとある大聖堂。世界危機遺産に認定されている、世界最大のゴシック様式の建築物。つい先日、マウリッツォ・ポリーニの生演奏を聴いた友達が、「問答無用のすばらしさ」といういい言葉を使ってたんだけどまさにこの聖堂
2006/10/18(水) 17:41:58 | あなからの手紙

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。