ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

ざっぷ&やっぷ

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【車・F1・WRC】 F1中国GP観戦必需品(上海サーキット内食事事情)

こんばんは、やっぷです。

今日は、中国GP観戦の必需品をご紹介します。
観戦に必要と言うよりは、胃袋に必要なものですけど、必要なものには変わりないですよね。

1日目、フリー走行を観に行った時は、なにも準備しないで上海サーキットへ行ったので、
F1ビレッジで調達したのですが、ホットドッグ、ハンバーガー、
妙に手を出すのは怖いお弁当、と3つしか選択肢がありませんでした。
2人でホットドッグとハンバーガーを分け合ってみたのですが、
パンも肉もばさばさ、野菜はもちろん、ソースすらついてなくて、なかなか酷いものでした。

上海サーキットの周りは、お店どころか建物もろくに建っておらず、
近くで調達することもできません。
なので、2日目、予選を観に行った時は、前の晩にホテル近くのローソンで
おにぎりをいくつか買い込んで持ち込んだのですが、このおにぎりがまた酷い!
具がどうこうの前に、お米が全然おにぎりに向いていなくて、ばっさばさ。
口に運ぶと、ぽろぽろぼろぼろ崩れていくし、口に入ってもぼそぼそと言うか、
粉末状態と言っても過言ではありませんよ。

そんなこんなで、3日目、決勝では考えました。
ワールドワイドで変わらぬ味をご提供しているのと言えば、
ファーストフードチェーンで、間違いないでしょう。

じゃん!!

全家桶(=ファミリーバーレル)
全家桶(=ファミリーバーレル) posted from フォト蔵

肯徳基 的 全家桶 (和訳:ケンタッキーのファミリーバーレル)
  中国語分かるっぽく書いてますが、店内で見た文言を想像で当てはめてるだけです。。
  でも、結構、当たってそうですよね??

日本のケンタッキーのファミリーバーレルは、最近買ってないのでうろ覚えですが、
チキンばっかり10個とか20個とか入っていると思うんです。
でも、この全家桶は、チキンだけでなく、パンとか、コーンも入っていました。
ペプシもセットに含まれています。

飲み物は、F1ビレッジ内でも、スポンサーであるフォスターズの生ビールが
買えるので心配ありません。
しかもビールは、ケンタのチキンによく合いますしね。

 

そんなこんなで、前日にこのケンタッキーのセットを買って会場内に持ち込みました。
今日は決勝前にF1ビレッジで、フォスターズの生ビール片手に
ケンタのチキンにむさぼりついていたんです。
すると、どこからともなく白人のおねーさんが私たちに近づいてきて、

「是之揚鶏肉、何処的買?」 (←ウソ中国語です。知ってる漢字を並べただけ!)

とにかく、なにかペラペラと中国語で言ったのです。
「We don't speak Chinese...」と返答すると、
「それ会場内で売っていたの?」と、英語で言い直してくれました。
「いえ、市内で買ったのを持ち込んだんです。」と返答すると、
「Ohhhh......」と残念そうに立ち去りました。

F1ビレッジ内の食事については、私たちと同意見だったようです。
中国GP観戦には、あらかじめ持ち込むことをおすすめします。

特に私たちとアノ白人のおねーさんは、
ケンタッキーの全家桶(ファミリーバーレルたぶん)をおすすめします。

 











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。