ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

ざっぷ&やっぷ

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【海外旅行】 ドイツ シュツットガル メルセデス・ベンツ博物館に行きました

こんにちは、ざっぷです。

現在、ドイツのシュツットガルトにいます。
そういえば、シュツットガルトって“STUTTGART”って書きますけど、
読み方ってシュトゥットガルトっていったりしますよね。

さて、フランクフルトから、はるばるこのSTUTTGARTまでやってきた理由は、
この街に、メルセデス・ベンツ博物館(Mercedes-Benz Museum)があるからです。

メルセデス・ベンツ博物館は、Gottlieb-Daimler-Stadionにあります。

Gottlieb-Daimler-Stadion
Gottlieb-Daimler-Stadion posted from フォト蔵

Gottlieb-Daimler-Stadionは、シュツットガルト中央駅からSバーンで移動できます。

Sバーン
Sバーン posted from フォト蔵

Gottlieb-Daimler-Stadionから、案内板に順って10分ほど歩くと
メルセデス・ベンツ博物館に到着します。

mercedes_museum
mercedes_museum posted from フォト蔵

これが?と思うほどおしゃれな外観です。

一人8ユーロ払い入館すると、
音声ガイドを貸し出してくれます。
Japaneseというと、日本語版にしてくれます。

音声ガイド
音声ガイド posted from フォト蔵

ちなみに、装置についているネックストラップとヘッドフォンは
装置を返却時に記念品としてプレゼントしてくれます。
ヘッドフォンは安物なので、いまいちですが
ネックストラップはしっかりとしたつくりなので
もらってうれしくなる一品です。

ざっぷの場合、ヘッドフォンはホテルのゴミ箱行きになりましたが、
ネックストラップは持ち帰りました。

メルセデス・ベンツ博物館では、まずエレベーターで最上階まで上がり、
順路を下りながら降りてきます。
そのエレベーターがおもしろい形をしているんです。

メルセデス・ベンツ博物館 エレベーター
メルセデス・ベンツ博物館 エレベーター posted from フォト蔵

面白い形でしょう?

メルセデス・博物館の展示物は、歴史の流れで展示されています。
最初の車(馬車にエンジン)から、最新の車まであります。
また、車をただ展示するだけではなく、
その車達が生まれた時代背景についてもパネル展示しています。

クラシックカー
クラシックカー posted from フォト蔵

クラシックカー2
クラシックカー2 posted from フォト蔵

みんな、いい状態で保存しています。
なかでも、「おっ」おもったのがこれです。

Typ 500K Spezial-Roadster
Typ 500K Spezial-Roadster posted from フォト蔵

タイプ500Kスペシャル・ロードスターです。

Typ 500K Spezial-Roadster インテリア
Typ 500K Spezial-Roadster インテリア posted from フォト蔵

インテリアもすごい逸品です。
その名の通り、スペシャルな車らしく、
生産台数もわずかだったようです。

ここらへんから、近代的な車が展示されています。

PICT2081
PICT2081 posted from フォト蔵

なかでも注目はこのガルウィングがついた車、300SLです。

ベンツ 300SL
ベンツ 300SL posted from フォト蔵

この300SLが実はガルウィング・ドアを持った最初の車なんです。
ま、このドア、実は設計上仕方なく(車体の剛性を持たせるなど)
上につけざるを得なかったようです。
しかし、これがアメリカで高評価
そして、アメリカでその見た目からガルウィング(カモメの翼)と
呼ばれるようになりました。

300SL インテリア
300SL インテリア posted from フォト蔵

300SLのインテリアもなかなかのものです。

さらに、スポーティなタイプが300SLK
こいつがしぶいんです。
いま、路上で走っていたら、目を引くことまちがいありません。

Benz 300SLK
Benz 300SLK posted from フォト蔵

なかには、なぜか日本の病院の塗装がされた車が
残念ながら音声ガイドが故障中だったため、
解説を聞くことができませんでした。
解説をご存じの方、教えてください。

Benz バン
Benz バン posted from フォト蔵

展示物の中には、モータースポーツ関連のものもあります。

Mercedes-Benz F1 V10エンジン
Mercedes-Benz F1 V10エンジン posted from フォト蔵

もちろんF1マシンも展示されています。

F1マシン
F1マシン posted from フォト蔵

普段見ることができない内部構造も見ることができます。

PICT2096
PICT2096 posted from フォト蔵

ラジエターもはっきりとわかります。

PICT2095
PICT2095 posted from フォト蔵

PICT2094
PICT2094 posted from フォト蔵

これらは、ドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters)の
マシンです。
ベースはメルセデス・ベンツのはずですが、かなりえぐい仕上がりです。

DTMマシン
DTMマシン posted from フォト蔵

その他にもドライビング・シミュレーターがあり、
体験することもできますが、
少し並んでいたこともあり、ざっぷは体験することはありませんでしたが、
かなり、楽しそうでした。

ドライビング・シミュレーター
ドライビング・シミュレーター posted from フォト蔵

そして、最後にこれ

F400カービング
F400カービング posted from フォト蔵

2001年の東京モーターショーに出展されたメルセデス・ベンツのコンセプトカーです。
メルセデス・ベンツらしくない、フォルムで
欲しい!!とおもう車でした。

とにかく、メルセデス・ベンツ博物館は、
車好きにはたまらない場所です。

そういう方は、ドイツに来たら、ぜひ行きましょう。

ちなみに、同じ街にポルシェ博物館もあります。
時間のある方は、こちらもどうぞ。


 

ここのエレベーター、形だけじゃなくて上に上がるときに、「フオォォォォーーン!」と
レーシングカーが通り過ぎる音、
最上階(馬車の展示)で止まるときに「パカッカ、パカッカ」と馬の蹄の音が鳴るという
その演出も良かったです。
やっぷ | 2006/08/10(木) 12:01:34 | [編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。