ざっぷやっぷ

ざっぷとやっぷが、F1、PC、テレビ、映画、旅行、レストラン、酒など、好きなことを好き勝手に書いています。

プロフィール

Author:ざっぷ&やっぷ
ざっぷ(英語表記:zap)
【自動】1.サッと動く、素早く動く。
     2.リモコンでチャンネルを換える。
やっぷ(英語表記:yap)
【自動】1.(犬が)ほえたてる。
     2.(人が)やかましく言う。
     3.絶え間なくしゃべる。

コメント・TB大歓迎です。
でも、全く関係のないスパムコメント・
TBはガンガン削除します。

カレンダー

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【海外旅行】 上海上陸!空港もF1色

こんばんは、やっぷです。

観光旅行をかねて、F1中国GPを観戦するために上海へやって参りました。

上海浦東(プードン)国際空港1
上海浦東(プードン)国際空港1 posted from フォト蔵

このとおり、上海浦東(プードン)国際空港もF1色に染まっています。

上海浦東(プードン)国際空港2
上海浦東(プードン)国際空港2 posted from フォト蔵

今日は、もう遅いのでホテルで寝るだけですが、
明日からの上海観光、そしてなにより週末に控えた初のF1生観戦、
楽しみです!!

 

スポンサーサイト
【海外旅行】 上海を観光 金茂大厦88層観光から豫園まで

こんばんは、やっぷです。

今日は、上海市内を観光して回りました。

金茂大厦88層観光
金茂大厦88層観光 posted from フォト蔵

まずは、金茂大厦88層観光の展望台を目指します。
1999年完成のビルで、中国一、世界でも3番目に高いビルだそうです。

エレベータは三菱製
エレベータは三菱製 posted from フォト蔵

秒速9mのエレベータ、三菱製なんですね。

金茂大厦88層観光からの景色1
金茂大厦88層観光からの景色1 posted from フォト蔵

金茂大厦88層観光から東方明珠搭を見下ろして。
アジア一高いテレビ塔だそうです。

金茂大厦88層観光からの景色2
金茂大厦88層観光からの景色2 posted from フォト蔵

金茂大厦88層観光からの景色3
金茂大厦88層観光からの景色3 posted from フォト蔵

金茂大厦88層観光の吹き抜け
金茂大厦88層観光の吹き抜け posted from フォト蔵

54階から最上階まで吹き抜けになっていて、展望台から見下ろせます。
この階層は、グランド・ハイアット・シャンハイが入っています。

黄浦江1
黄浦江1 posted from フォト蔵

黄浦江2
黄浦江2 posted from フォト蔵

黄浦江越しに見るバンド。
真ん中は、旧香港上海銀行上海支店です。

フェリーで移動1
フェリーで移動1 posted from フォト蔵

フェリーで黄浦江を渡りました。

フェリーで移動2
フェリーで移動2 posted from フォト蔵

対岸が近づいてきました。

フェリーで移動3
フェリーで移動3 posted from フォト蔵

バイクで乗り込んで渡る人が多く、
対岸が近づくとフェリーの中で空ぶかしをして待機、排気ガスが立ち込めます。

フェリーで移動4
フェリーで移動4 posted from フォト蔵

着岸して、ゲートが開くと同時に猛ダッシュ!
よく事故らないですよね。

湖心亭と九曲橋
湖心亭と九曲橋 posted from フォト蔵

豫園にやってきました。庭園を見学します。

三穂堂
三穂堂 posted from フォト蔵

漸入佳境
漸入佳境 posted from フォト蔵

この獅子は、1290年に鋳造された鉄製のもので、
日本占領下時代には日本に持ちされられ、
その後戻ってきてこの遊廊の入り口に置かれたそうです。

庭園
庭園 posted from フォト蔵

万花楼
万花楼 posted from フォト蔵

明代に創建された花神閣を清代の1843年に再建したものだそうです。

ガジュマル製の家具
ガジュマル製の家具 posted from フォト蔵

九獅軒
九獅軒 posted from フォト蔵

このような感じで、上海観光1日目が過ぎました。
写真を取り損ねたのですが、昼食は豫園の「南翔饅頭店」で小龍包を、
夕食は、黄浦区の「古意湘味濃」で湖南料理を頂きました。

 

【海外旅行】 上海郊外 蘇州と周荘を観光

こんばんは、やっぷです。

今日は、上海から遠出して、蘇州と周荘を観光してきました。

虎丘1
虎丘1 posted from フォト蔵

虎丘(呉王闔閭の墓陵)です。
葬儀の後、49日間お墓を守らないといけないのが、
3日目に白い虎が現れ、代わりに守ったという伝説からこの名が付いたそうです。

虎丘2
虎丘2 posted from フォト蔵

遠くに見える塔が尻尾、門が顔で
口を開いた虎をかたどっているとも言われているそうです。

虎丘3
虎丘3 posted from フォト蔵

虎丘4
虎丘4 posted from フォト蔵

今は高台にありますが、大昔は海辺だったそうです。

虎丘5
虎丘5 posted from フォト蔵

虎丘の斜塔(961年創建)
地盤沈下のため、15度ほど傾いているそうです。

寒山寺1
寒山寺1 posted from フォト蔵

寒山寺です。
502年~519年に創建されたが、焼失と再建を繰り返し、
現存のものは清代末に再建されたものだそうです。

寒山寺2
寒山寺2 posted from フォト蔵

寒山寺3
寒山寺3 posted from フォト蔵

寒山寺という名前の由来である寒山と拾得というふたりの僧侶の像。
学問の神様として祀られていて、受験を控えた親御連れがお参りにくるそうです。

拙政園1
拙政園1 posted from フォト蔵

拙政園です。
明代の16世紀初頭、高官を失脚した王献臣が造営した庭園だそうです。

拙政園2
拙政園2 posted from フォト蔵

拙政園3
拙政園3 posted from フォト蔵

水がテーマになっていて敷地の5分の3が池や堀になっているそうです。

拙政園4
拙政園4 posted from フォト蔵

拙政園5
拙政園5 posted from フォト蔵

蘇州四大名園のひとつであり、中でも最大の敷地を持つそうです。

周荘1
周荘1 posted from フォト蔵

周荘にきました。
上海市と江蘇省の境にある900年以上の歴史を誇る水郷です。
古い町並みがそのまま保存されています。

周荘2
周荘2 posted from フォト蔵

周荘3
周荘3 posted from フォト蔵

周荘4
周荘4 posted from フォト蔵

周荘5
周荘5 posted from フォト蔵

周荘6
周荘6 posted from フォト蔵

景色を楽しみながらお散歩しました。

こうして、上海滞在2日目が過ぎました。

 

【海外旅行】 上海を観光 魯迅公園から旧日本人租界まで

こんにちは、やっぷです。

今日も上海市内を観光して回っています。

魯迅公園
魯迅公園 posted from フォト蔵

魯迅公園に来ました。

公園内で運動をする人々
公園内で運動をする人々 posted from フォト蔵

公園内では、運動をする人がたくさんいます。
結構、本格的な運動器具もあります。
平日の昼間だというのに仕事じゃないのでしょうか。

魯迅墓
魯迅墓 posted from フォト蔵

魯迅墓です。
この文字は、毛沢東の直筆だそうです。

魯迅記念館
魯迅記念館 posted from フォト蔵

魯迅記念館です。
学のない私は、魯迅という方をあまり知りません。
「日本に関わりのある中国の文豪」というぐらい。。
そんなんで、記念館を見学してもよく分かりませんでした。情けない。。

魯迅故居
魯迅故居 posted from フォト蔵

魯迅故居が、この奥にあるそうです。
ここから先は、有料のようなので入りませんでした。

多倫路文化名人街(旧日本人租界)
多倫路文化名人街(旧日本人租界) posted from フォト蔵

旧日本人租界です。

魯迅の像
魯迅の像 posted from フォト蔵

旧日本人租界にも魯迅の像があります。

旧日本人租界2
旧日本人租界2 posted from フォト蔵

戦前の景観を復活させているそうです。
建物と石畳が合っています。

旧日本人租界3
旧日本人租界3 posted from フォト蔵

背景のビル群とのギャップが良いですね。

魯迅公園から旧日本人租界までを歩きました。

 

【海外旅行】 上海市内でマクラーレンのイベントに遭遇

こんにちは、やっぷです。

上海市内を観光して歩いていると、マクラーレンのイベントに遭遇しました。

マクラーレンのイベント1
マクラーレンのイベント1 posted from フォト蔵

正確に言うと、イベント自体は終了していて、
終了後にステージを解放して、写真を撮らせているという感じです。

マクラーレンのイベント2
マクラーレンのイベント2 posted from フォト蔵

さすがに触るのは許してもらえませんでしたが、
マシンを生で見るのは初めて!触れそうなぐらい近づけるなんて最高です。

マクラーレンのイベント3
マクラーレンのイベント3 posted from フォト蔵

こうなるとどんなイベントが行われていたのか気になってきました。
でも、ライコネンやモントーヤが来ていたとは思えないし、
チームやマシンのプレゼンみたいなものかなぁ。
中国語で聞いても分からないだろうから、ま、いっか。

 

【海外旅行】 上海博物館と人民広場

こんばんは、やっぷです。

マクラーレンのイベントを後にし、上海博物館へ向かいました。

上海博物館1
上海博物館1 posted from フォト蔵

こちらは、1996年にできた新しい建物だそうで、
4階建てで、展示物もかなり多く、
1つ1つじっくり見たら何日かかるだろうという感じです。

上海博物館2
上海博物館2 posted from フォト蔵

ま、私たちは、青銅や書などは、さらさら~と見たのですが、
陶磁器のセクションは、思わず足を止めました。

上海博物館3
上海博物館3 posted from フォト蔵

言葉にできない美しさですね。

人民広場
人民広場 posted from フォト蔵

感動して外に出ると、なぜか人民広場では、
タコの凧の実演販売が行われていました。。
日が暮れる空に蛍光色のタコが映えます。これもある種感動ですかね。

 

【海外旅行】 上海の夜 北京ダックを食べに

こんばんは、やっぷです。

夜の上海を歩きました。
昨日一昨日も歩いたんですけどね、写真を撮ってなかったんですよね。

南京東路1
南京東路1 posted from フォト蔵

夜遅くまで賑やかなショッピング街、南京東路です。
歩行者天国になっています、、なんで車が写っているんだろう。。

南京東路2
南京東路2 posted from フォト蔵

レトロな建物がライトアップされていてきれいです。

南京東路3
南京東路3 posted from フォト蔵

建物の雰囲気と漢字だらけの看板、このギャップが良いですね。

北京ダックを食べるために、名店「全聚徳」の上海店へきました。
日本語メニューがあるので安心です。

アヒルの水かき1
アヒルの舌1 posted from フォト蔵

「アヒルの舌」を注文しました。

アヒルの水かき2
アヒルの舌2 posted from フォト蔵

こうしてみると、クワガタかバルタン星人かという感じですね。

炒め物
炒め物 posted from フォト蔵

「筍と鴨の炒め物」です。
ざくざく歯ごたえがおいしいです。

焼きそば
焼きそば posted from フォト蔵

「焼きそば」です。
上海風なのかな?
つか、ものすごいボリュームです。
これから北京ダックもくるというのに誰ですか、こんなに注文したのは。

北京ダック1
北京ダック1 posted from フォト蔵

北京ダックです。
素晴らしい包丁さばきです。

北京ダック2
北京ダック2 posted from フォト蔵

観光客だからということでか、皮だけにならないように切り方を変えているようでした。

このお店、日本語メニューも用意していることだし、
観光客は多く来ると思うんですよね。
なのに(だから・・かな?)、店員さんの対応がなかなか悪かったです。

でも、私たちのテーブルを担当したおねーさんだけは、とても対応が良かったです。

 

【海外旅行】 上海郊外 杭州を観光 六和塔と龍井

こんにちは、やっぷです。

今日は上海から遠出して、杭州を観光します。

六和塔1
六和塔1 posted from フォト蔵

「六和塔」です。
銭塘江の氾濫を鎮め、灯台の役割を持たすために建造されたそうです。

六和塔2
六和塔2 posted from フォト蔵

970年に9層の仏塔として完成したが、北宋末期に破壊され、
現存するものは1163年に再建されたものだそうです。
現在の塔は、外から見ると12層8角ですが、
内部は7層8角という不思議な作りになっているそうです。
高さは、60mあるそうです。

六和塔からの景色
六和塔からの景色 posted from フォト蔵

六和塔最上階からの景色です。
銭塘江にかかる銭塘江大橋が見えます。
狭く暗く急な階段が続くので、最上階まで上がるのは大変でした。

龍井
龍井 posted from フォト蔵

龍井茶で有名な龍井へ来ました。

龍井茶
龍井茶 posted from フォト蔵

龍井茶を手で揉んで乾燥させているところです。
おじさんの手の平は、皮が固くなってテカテカになっていました。

ここでは、龍井茶だけでなく、ウーロン茶、花茶、一葉茶など
いろいろなお茶を試飲させていただきました。

 

【海外旅行】 上海郊外 杭州を観光 霊隠寺

こんにちは、やっぷです。

六和塔と龍井のあとは、霊隠寺へ来ました。

霊隠寺1
霊隠寺1 posted from フォト蔵

326年、インドの僧・慧理により建設されたそうです。

霊隠寺5
霊隠寺2 posted from フォト蔵

周囲の山々に隠れ棲む仙霊の存在が感じられるということから
この名前が付いたそうです。

霊隠寺2
霊隠寺3 posted from フォト蔵

確かに何かいそうですね。

霊隠寺4
霊隠寺4 posted from フォト蔵

この山はインドの霊鷲山のようだと慧理が言ったことから、
「インドから飛んで来た山」という意味で飛来峰と名付けられたそうです。
飛来峰の岩壁には、五代から元の時代にかけて彫られた338体の石仏があります。

霊隠寺3
霊隠寺5 posted from フォト蔵

初期に彫られたものは目が大きくインド風の石仏です。

霊隠寺6
霊隠寺6 posted from フォト蔵

このあたりは、目が細い中国風の石仏です。

霊隠寺7
霊隠寺7 posted from フォト蔵

この石仏の左足を触ると頭が良くなると言われているそうです。
早速触りました。

霊隠寺8
霊隠寺8 posted from フォト蔵

仏様が座っている象の鼻を触るとお金が貯まると言われているそうです。
みんなが触って鼻がテカテカになっています。

飛来峰の頂上まで登ってへとへとになりました。
みんな上っていくので、何かあると期待したのですが、
何かあるわけでもなく、木々が生い茂っているので景色が良いわけでもなく、
特に上らなくても良かったかなと思いました。

 

【海外旅行】 上海郊外 杭州を観光 花港観魚

こんにちは、やっぷです。

霊隠寺に行った後は、花港観魚へ来ました。
中国十大風景名勝のひとつである西湖、
その西湖でも西湖十景にあげられる花港観魚です。

花港観魚公園
花港観魚公園 posted from フォト蔵

景色の良いところですから、結婚式のロケーションフォトも盛んなようです。
カップル3組で移動するロケーションフォト集団に遭遇しました。
ほかのカップルと一緒だなんて、日本では考えられないですね。

キンモクセイの花
キンモクセイの花 posted from フォト蔵

キンモクセイの花がとても良い香りを出していました。

西湖1
西湖1 posted from フォト蔵

西湖のほとりの風景です。

西湖2
西湖2 posted from フォト蔵

西湖3
西湖3 posted from フォト蔵

西湖4
西湖4 posted from フォト蔵

西湖5
西湖5 posted from フォト蔵

西湖6
西湖6 posted from フォト蔵

西湖7
西湖7 posted from フォト蔵

遊覧船に乗って西湖を遊覧しました。
あまりの美しさに書くこと思いつかないです。

 

最近の記事+コメント

ブログ検索

楽天おすすめ

リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


BlogRanking


copyright 2006 ざっぷやっぷ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。